2006年02月27日

えっ、もうお正月?



「ただいま〜」


「おかえり〜」


月曜日はサラリーマンにとってもっとも疲れる週最初の平日であり、
これからの一週間の成り行きを予想させる重要な出だしの日です。
月曜にトラブルが発生するとその一週間は「どん底」を這うような気分で落ち込むことになります。
私にとって今日は「疲れたあ」の一言。
毎週月曜の夜は同じ溜息をついています。
この月曜の夕食は大事で、予想外の「いいもの」をいただけると明日からの仕事への活力が沸いてきます。


K3100013.JPG


今日の晩ご飯はこれです。
-----
鶏のしょう油煮、その下にキャベツの千切り
つけもの三種
・・・焼餅
-----


「なんで〜、餅?」


もともとそれほど満ち溢れていたわけではない仕事をする気力が、一挙に萎えてしまいました。


「ごめん、ご飯なかった」


(自分が食べてご飯がなくなれば、炊くよね、普通)


「まあ、ええけど。白いご飯を想定して、この漬物やと思うけど」


「お餅ももとはお米やから」


(ほんま、おまえらしい、言い訳!)


「明日朝雑煮ちゃうやろな」


「食べたかったら作るけど。餅何個?」


(まともに受けんなよ、ほんま)


posted by ガスダスト at 21:01 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月26日

言う言わないの狭間に豚しゃぶ



この一週間は残業が多く家で晩ご飯を食べることが少なかったのですが、やっと一段落し今日の日曜日は妻の晩ご飯です。
夕方18時頃になっても妻は雑誌を読んだり、テレビを見たりしていっこうに腰を上げようとはしません。


「もうそろそろ晩飯の用意をしたほうがええんちゃうかな?」


「ハア?! もう晩飯食うんかいな」


(なんでわしが文句いわれるわけ? まったくの逆切れやん)


「なんでてもう夜やん」


「わかりました。つくりまんがな。つくったらええんやろ!」


(怒りのもとは『めんどくさい』からやろ。つくるの嫌やったらそういえよ)


「なんか食べに行くか?」


「ハア?!」


(えっ、気使うたつもりで言ったんですが・・・)


「焼肉とか?」


「あほか! そんな無駄遣いできますかいな!」


(おっと、燃え始めた炭に水かけて消さなあかんのに、ガソリン撒いてもうた!)


「おっしゃるとおりです」


「今作るからまっとり!」


その後約15分ででてきたのがこれです。
キャベツ、もやし、ブロッコリー、豚肉の茹でたもの、です。
これは豚しゃぶですね。
このうえから、ゴマだれとかポン酢とかをどばっとかけていただくわけです。
こういうのが出てくると、単に晩ご飯作りが面倒で嫌いだ、ということが不機嫌の原因ではないかと確信してしまいます。
かといって、このタイミングで下手なことというか真実をいうだけの無鉄砲さは持ち合わせていませんので、ありがたくいただきました。


06-02-26_19-09.jpg



「今度の日曜はさ、わしが金だすで焼肉食べいかへんか?」


「あんたの小遣いだすんやな?」


(なんでそんなとこ確認すんねん。ありがたく『うれし〜』とかいえ!あ〜むかついた!)


「やーめた、やーめた」


「あかん、焼肉や、あんたのおごりや。自分で言うたやろ」


年をとると気は短くなるし、怒りやすくなるし、素直さがなくなるし、ほんまええことあらへんわあ。


posted by ガスダスト at 20:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月22日

残業弁当

image/gasdust-2006-02-22T21:39:09-1.jpg


今日は残業。
晩ご飯は弁当です。
揚げもん中心で中年にはきついですが、空腹には勝てず完食です。
あっ、妻に晩ご飯いらんコールをいれねば!
posted by ガスダスト at 21:39 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月20日

カレーに会うオカズ?



妻の風邪はいったん回復したようですが、今日になってまたもやぶり返し、夜私が帰宅したころはぐったりしておりました。


「どう、具合は?」


「あかん、あかん。ご飯はレンジの上の鍋二つと、フライパンをあっためて食べて」


別に鍋やフライパンを食べるわけではありません。
あっためて並べたののがこれです。


K3100012.JPG


----
カレー
いわしの煮付け
野菜の味噌炒め
----


昨夜のカレーが今日も出てくるのは十分理解できますし、ましてや私が作ったやつですから文句はありません。
もともとカレーというものは

「一日にして消費できず」

ですからね。

一方で妻が風邪でダウンすることはあらかじめわかっていたことではないので、妻のオカズの制作スケジュールがずれ込んでいることも理解しております。
つまり今日、予定ではカレー以外の2品がでることになっていたわけですね。

もろもろの事情によりカレーとまったく相容れない“いわしの煮付け”“野菜の味噌炒め”なんて組み合わせになってしまったのです。

このあたり融通がきかんですな。

文句を言おうにも相手は布団の中なのでいずれ別の機会に、ということで。
カレーはもう一日もちそうなので、明日のカレー&?の組み合わせが見物です。


posted by ガスダスト at 21:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月19日

カレー、チョーダイ!





またもや出張命令を受け、しばらく家を空けておりました。
両手を伸ばせば左右の壁に当たるような狭いビジネスホテルの部屋で、カップラーメンやらコンビニのおにぎりで、腹を満たしておりました。
週末やっと帰宅すると、なんと妻が風邪で寝込んでおりました。


06-02-19_18-51.jpg



このようなわけで今日の晩ご飯は自作です。
----
カレー
ほうれん草の炒め物
豚肉の玉子巻き
----
妻は寝込んでいるとはいえ、通常腹が減ると起きだしてくるので妻の分を残し勝手にいただきました。
いつものとおり、自分でつくったものですからまずいわけがありません。


私が食べ終えたころ、妻が起き出してきました。


「あ〜、腹へったわ」


(風邪のわりに元気やなあ)


「カレーやけど食べるか?」


「カレーかあ。いまひとつ食べる気がせんけどなあ、食べるわ」


(いや、無理して食べてもらわんでもええよ)


「どれくらい食べる?」


「少しでええわ」


「ほな、これくらいか」


声は“があがあ”枯れておりますが、普段とかわらないスピードでカレーを口へ運んでおります。


「なんや普段とかわらへんやんけ」


「あかんねん。調子悪いし熱があるような、、、ないような。頭も痛いし、お腹もぐるぐる言うてるし」


「(うるさいで)早よ、寝!」


「もう少しおかわりもろてええかな」


(治ってるんちゃうか)


私が朝起きて少し熱っぽく感じると会社を休んでしまう、年に一度あるかどうかの「ずる休み」とよく似てます。
気持ちは萎えているんですが、体は健康体です。


「早よ、寝てまえ。オマエが起きてると、わしの仕事が増えるやんけ」


「明日の朝ご飯も炊いといてくれるとええんやけど」


人の好意に甘えることにかけては、誰にも負けませんし、図に乗るととどまるところを知りません。


「お風呂入ろかなあ。沸かしてくれる?」


(アホ、なめとんか!寝とれ!)

posted by ガスダスト at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月15日

ん〜ん、お茶


ここ二日間は出張でした。
久しぶりの自宅での晩ご飯です。
帰ってくるのはわかっているはずなのですが、「だからどうした」的なおかずでした。
構えないというか、自然体というか、ご飯作りについてはマイペースをまったく崩しません。


メニュー(といっていいかどうか・・・)は
----------
豚肉、豆腐、白菜の鍋の残り
海草がいっぱい入った味噌汁
これだけでは足りないと判断して即つくった目玉焼き
----------
です。


06-02-15_21-56.jpg



「いただきま〜す」






「ごちそーさん」


「お風呂さき入らせてもらいまっす」


「どうぞお〜」


トリノオリンピックを見ながら、熱いお茶をいただきました。
お茶はうまい!
いや、お茶もうまい!
posted by ガスダスト at 22:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月12日

心温まる協同ぎょうざ

晩ご飯は私がつくるつもりで、餃子の準備をしていました。
豚挽き肉、にら、ねぎ、きゃべつを刻み、念入りにこねこねしているところへ妻が帰ってきました。
というわけで、作業のバトンタッチ。


「私が焼きましょか?」


「ほな頼むわ」


06-02-12_19-06.jpg




出来たのがこれです。
焼き加減や、蒸し加減についていいたいことはありますが、大きく「外れて」いないのでおいしくいただけました。


「あれ、おまえ食べへんの?」


「ごめん、今日の昼、横浜で『おいしい』餃子食べたんで・・・」


なんと失礼な。わざわざ「おいしい」とつけるところに敵意が感じられます。


(土産はないんか、土産は!)




posted by ガスダスト at 20:15 | Comment(9) | TrackBack(3) | 日記

2006年02月11日

規則正しくおいしく


今日と明日、妻は一泊二日で友達と横浜へ行っております。
今晩は中華街で豪遊でしょう。
一方私はひとり週末をのんびり過ごせる幸せを満喫するために自分で晩ご飯を作りました。
いつもの週末は妻の都合で晩ご飯の時間がまちまちなのですが、私一人だとかえって規則正しくやるべきことをやりたくなり、そのために時間がとても気になります。
子供の頃から晩ご飯は6時という家庭内規律があり、ここ何十年か、このような規律はまったく無視せざるをえない生活だったのですが、誰にも何も言われない拘束のない状態だと、「晩ご飯は6時」を守りたくなり、間に合うように準備し時間通りにいただきました。


メニューはこれです。
----
豚丼
ブロッコリー、ほうれん草の炒め物
豆腐と油揚げの味噌汁
----


06-02-11_18-13.jpg


どうでしょうか?
日頃妻の作る晩ご飯にあ〜だこ〜だと文句しか言わないので、自分でもどうかとこのごろ思っていたのですが、この出来を見ると文句のひとつやふたつ言う権利はあるよね、と思ったりもします。


(明日の日曜は夜明け前にでも起きて散歩に行ったろかな)

posted by ガスダスト at 21:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月10日

妻の作るご飯はうまい!

今日は仕事関係のお付き合いで懐石料理をいただきました。
当然のことながらとてもおいしかったです。

相手の方も同年輩のサラリーマンで共通の話題が多く、嫁の作るご飯の話になりました。

彼曰く
「嫁の作るご飯はうまいんだよねえ」


こう正面から言われると、この人住んでる世界が違うって感じで、ちょっと退いてしまいました。


「嫁の作るもんがうまい、ですか?」


「夜遅く帰って何かない?っていうと冷蔵庫の残りもんでさささっと作ってくれて、これがうまい!」


「へえー(うそちゃうの)。そんなうまいやったら毎日楽しみやね」


「毎日?毎日は食べへんよ」


「はあ?」


「週に一回か二回しか家で食べへんから、うまいんやん」


「はー、なーるほどね」


なるほど納得しました。
毎日のように付き合いで晩御飯を外食で済ましており、たまにしか嫁さんの手作り料理を食べる機会がないということだったんですね。
そりゃ新鮮味たっぷりでうまいに決まってます。
我が身の不幸をぶちまけようかと思っていましたが、止めました。
人それぞれ、さまざま、彼もいろんな問題を抱えているのかもしれませんが、うまくさばいているようです。
posted by ガスダスト at 23:23 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

2006年02月08日

ツーカー肉じゃが




「ただいま〜」


返事なしです。妻は不在でした。
どこにいっているのかはわかりません。
食卓にオカズがのっているわけでもなく、メモで夕食の指示があるわけでもなく、どうしようかと、台所をうろうろしているとレンジの上に鍋を発見しました。
中身は「肉じゃが」です。


K3100011.JPG



「鍋に肉じゃがが入ってるから、テキトーに温っめて食べえ」
という伝言を残すまでもなく、私が「肉じゃが」へたどりつくと予測しているわけです。まあ普通腹が減っている人間が食べ物を探すのは当然で、レンジの上の鍋へ行くつくくらい簡単なことなのですが、言わせてもらえば、
「鍋の中に肉じゃががありますので、温めて食べてね」
というような、少しでも心を込めたメモでも残せばいいじゃないですか。

「なにも言わんでもわかるやろ〜」
という「甘え」でしょう。

「なにも言わんでもわかるんやったら、
もう一品つけてくれ〜と、わしが言わんでもつけんかい!」


正面切って言わないとわからないでしょうね。
言えませんが・・・。



posted by ガスダスト at 21:24 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月06日

復活は兆しは食欲也




風邪も回復に向かい、今日はいつもどおり出勤し、いつもどおりに帰宅しました。


「ただいま〜」


「おかえり〜」


「今日のご飯はなに?」


「ハイ、これ」


でてきたのは、これです。
鶏の酢としょう油で煮たものを、刻んだキャベツの上にのせたものです。


K3100010.JPG



「これだけ、かな?」


「まだまだ体調良うないと思うて、少なめにしたわ」


(勝手に決めんなよ。ほとんど復活してんねん。食欲あるで〜)


「ちょっと足りんような気がするけど」


「今年の風邪は胃にもくるんちゃうの? あんまり調子乗るとあかんのちゃう?」


(まあ、都合のええ言い訳やこと。わしの体調よりオマエの手間考えてんのちゃうか!)


「あっついお茶いれましょか?」


(お茶でごまかすんかいな)

posted by ガスダスト at 21:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月04日

「しゅうまい」で文句は言うまい



昨日も風邪の症状が悪化するなか仕事をし、帰ってきたらそのまま布団行きでした。
一晩ぐっすり寝て、今朝起きてみると症状は軽くなっておりましたが、今日一日は寝ていることにしました。


「あんた、今日どこか出てく?」


(風邪ひいてて、しんどいのわからんかなあ)


「でてくワケないやろ」


「ほうか、私夕方まで出ますんでよろしく」


(病人のわしに留守番させる気かあ)


「ご飯どうしたらええの?」


「昼ご飯はオカズがおいてあるし、晩は帰ってきてつくります」


(信用してええんやろな)



案の定、夕方帰るといいつつ妻の帰宅は19:00でした。
体調が戻りつつあるのか外が暗くなり空腹感はでてきたのですが、起き上がって何か作る気力までは戻らず、イライラしておりました。


「・・・で、なに?」


「なにて?」


(晩ご飯のことやんけ。なんでこうやって無理して食卓にすわってんねん!)


「オカズ?」


「いまからつくるけど何がええ?」


(はあ、いまから?)


「帰りが遅うなるんやったら、なんか買うてくるとかさあ、考えんか?」


「たぶん、あんた寝てると思うたし・・・」


(夫の回復を望んでおらんような口ぶりやな)


「はよ、なんか作ってよ」


出てきたのは「しゅうまい」です。

06-02-04_19-47.jpg



手作りはいいのですが、「はよ、なんか作ってよ」と私がいってから一時間が経過しておりました。
早くエネルギーを摂らないと、体力が尽きてしまいます。



posted by ガスダスト at 20:49 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月02日

あかん、ダウンや

いつも質素で健康的な食事を食べているのになぜか風邪をひいてダウンです。うーん。
posted by ガスダスト at 21:26 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月01日

ひなびた雰囲気をかもしだして・・・




「ただいま〜」


「おかえり〜」


「ふ〜、今日はなにかな?」


出てきたのはこれです。
-----
いわしの煮付け
水炊き
-----


06-02-01_22-38.jpg



「シンプルでヘルシーなオカズやな」


「水炊きはそのまま食べたらあかんでえ。味付いてへんから。ポン酢で食べて」


(自慢せんでもええがな)


「水炊き、ん〜、いけるね。そやけど全体的にいうとやな」


「なにい?」


(そんな怒りを買うようなこと言わへんがな)


「見栄えがせえへん(言い過ぎかあ?)」


「はあ!?」


「なんか、古びた山ん中の湯治場の『朝めし』って感じ」


「うまいこというなあ」


(ほめてもうても、困るなあ・・・皮肉込めてんのに)

posted by ガスダスト at 23:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。